【⛄🚙】寒い時期の刷毛塗全塗装で失敗しないために必要なこと!注意するポイント☝

皆様、こんにちは☻タカラ塗料スタッフの大嶋です

なんだか....
なんだか.........
さむ~いですね!!!!
実は雪国育ちの大嶋⛄寒さには大分と強いほうだと思っていましたが、去年は夏が暑かった分、芯から冷えるような日が続いています...❄
皆様、お布団からは上手に出れていますか?
ホッカイロ...おでん...布団...ホットココア...鍋...そんなワードに惹かれてしまうこんな季節🍢🍲☕
実は刷毛塗全塗装も夏と同様に失敗が起きてしまいやすいんです💦

本日はそんな寒い季節でも刷毛塗全塗装が失敗しないように、扱い方や注意すべき点をまとめてみました🌟
ぜひぜひ寒さで固まったからだを塗装で動かすチャンスにしてみませんか?☺



まず、「なんで冬は刷毛塗全塗装に向かないの?」と思われた方も多いのではないでしょうか?
夏場は暑いし、どんどん乾くし、ゆず肌にもなりやすい🍊など想像しやすいものが多かったと思います💭
冬の塗装で失敗しやすい大きな要因は塗料が乾かないこと!
そこから様々な問題が派生していくことがあります😲


どんな塗料でも起きる問題
タカラ塗料では、水性、ラッカー、2液ウレタンの3種類、刷毛塗全塗装用の塗料としてご用意しております👐🌟
この時期どの塗料を選んでも起きちゃう問題があるんです...😢💔

①乾燥が遅いのでタレやすい
乾燥が遅いので液だれしてしまいやすいんです...!
特に厚く塗ってしまうとより重みでタレやすくなるので、いつもより一層薄く薄くを意識してください!

➁粘度が高くなり塗りにくくなる
塗りやすい時期と比べてモッタリした感触になります😲!塗料が冷えていると粘度が上がりローラーや刷毛の滑りも悪くなってしまいます💦
その場合は少しずつシンナーや水を入れて調整してみてくださいね!
塗装した時、ローラーがペタペタペタペタっ!とボーダー状にならずしっかりと回って動くのをひとつ目安にしてみてください☺✨

➂乾燥時間を長めに取らないといけない
刷毛塗全塗装用の塗料はどれも20度くらいの気温で使いやすいよう設計しています☝🌟
で書いたように寒さで乾燥が遅い場合があるので通常の倍以上は乾燥時間を取るようにしてください⌛
屋内だったらストーブの近くから早く乾いたりするので、可能であれば暖房器具を移動したり少しずつ工夫をしてみてくださいね♪


それぞれの塗料で起きる問題

水性塗料
余談ですが...💭北海道の外壁塗装屋さんは冬場に水性塗料を使わないそうです。日中の気温が5度を下回る寒冷地では避けたほうが無難です👊 大阪などの温暖なところでは雨などに気を付ければ問題なく塗装できる場合が多いです◎
保管について
まず水性塗料は凍らせてしまうと使い物にならなくなります😢💔ゼリー状になり液体状に戻らず、廃棄するよりほかなくなってしまいます...必ず氷点下にならないように保管をしてください!❆

塗装時の気温について
5度以上の温度で塗装してください🚙また乾燥中も氷点下になったり夜露が当たったり雨に当たる環境ではがれる可能性があります⚡ 寒冷地や山間部での塗装の場合など、一晩は屋内での保管など対策をお願いします✊

結露が起こる環境について
冬季の夜間の塗装では乾燥中に結露が起こることにより、塗膜の不具合の原因になることがあります。結露するような環境での塗装はお避け下さい💧

また乾燥中の結露や降雨によって下記のような塗膜に不具合が出る場合があります👊
hagare-768x373.jpg
hukure-768x559.jpg
hibiware-1-768x507.jpg

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2液ウレタン
もともと乾燥が早い塗料なので冬場は塗装しやすいです❆ただし0度以下の塗装はお避け下さい💨

シンナーについて
当方から出荷する際、その季節に合ったシンナーをお送りしているので買ってすぐ塗られる場合は問題ありません🚙
ただ夏場に買ったシンナーで冬に塗装すると乾燥が遅すぎて何日も乾かない場合があります。季節に合ったシンナーの使用をお願いします🌸🍉🍁☃

こる環境について
冬季の夜間の塗装では乾燥中に結露が起こることにより、塗膜の不具合(白ボケ、硬化不良など)の原因になることがあります☁結露するような環境での塗装はお避け下さい☺

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ラッカー
もともと乾燥が早い塗料なので冬場は塗装しやすいです。ただし0度以下の塗装はお避け下さい⚠

シンナーについて
夏場に塗装する際に入れた乾燥を遅くするリターダーなどが混ざっていると著しく乾燥が遅くなります😢
シンナーの入っていない塗料をあらたにシンナーを混ぜて溶かして使用するなど注意をお願いします☝🌟

結露が起こる環境について
冬季の夜間の塗装では乾燥中に結露が起こることにより、塗膜の不具合(白ボケなど)の原因になることがあります!結露するような環境での塗装はお避け下さい👐



いかがでしたか?☺
しっかりと気を付けて頂ければ冬場でも塗装はできるんですよ♪
また刷毛塗全塗装のページでも詳細にまとめているのでぜひぜひご覧くださいね👀✨

春に向けて車を可愛い色にしてみませんか?🚙🌸



\2/5(金)12:00~一般投票開始/
cmu_bnr_1_s.jpg
CMUコンテスト2020、一般投票が2/5(金)12時~いよいよ始まります☺👐
634台の中から30台が選出🚙🚗皆様の一票でグランプリが決まります!🏆✨

詳細はこちらから

この記事へのコメント

最近のコメント