「壬生温泉 はなの湯」浴室に京都精華大学とのコラボ壁画制作!オリジナルカラー調色

皆様、こんにちは☻タカラ塗料スタッフの大嶋です

🌸今日はうれしいお知らせです🌸

なんと壬生銭湯はなの湯様と京都精華大学様とのコラボ壁画に弊社の塗料が使用されます!!!👏👏👏

やった~!

大嶋の個人的な感想となってしまいますが、塗料選びの段階からすでにめちゃくちゃ楽しかったです💃💃💃


そんなワクワクしてしまった完成イメージはこんなに素敵な感じ...💗⇩

20200303_01.jpg

♨男湯♨
中辻 朔太郎(デザイン学部イラストコース4年生)
「鴨川の風景」

色面によって図像の境目を曖昧にして、今までにない風景画を描き出しています。
観たことがあるような光景でありながら、構成力により現実感と幻想感の両方を持つ作品です。

20200303_02.jpg

♨女湯♨
加藤 奈緒子(デザイン学部イラストコース4年生)
「京都の幻風景」

独特の色感と形状で幻想的な京都のイメージを描きます。
舞妓をメインに動物、花、煙のような不思議な形状を用いてリズミカルな構成で幻想性と時代性を感じさせる壁面を描き出しています。



京都を感じることが出来るとっても素敵な壁画ですよね☺
こんな素敵な空間でお風呂に入れるなんて、最高ですよね...♨


ちなみに、現在の「壬生温泉 はなの湯」の壁画は、現役銭湯絵師である田中みずき氏によるもので、男湯は富士山、女湯は大文字山と舞妓が力強いタッチで描かれています。

しかし、壁画の老朽化に加えて、銭湯絵師の人口減少や高齢化が進み、剥離や色落ちの修繕がされないままとなっていたそうです。
そこで今回、銭湯絵師の人材育成および若い感性による新しい壁画の創造をめざし、京都精華大学と共同し、壁画作成を行うこととなりました。

銭湯やスーパー銭湯には珍しい、既存の概念にとらわれない「現代アート」「イラストレーション」が描かれます。現役の大学生が、銭湯やスーパー銭湯の壁に絵を書くというのは全国的にも珍しい企画となっています。



こんな素晴らしい企画に弊社の塗料を使っていただけてとっても嬉しく思います😢💖
学生さんたちが普段触っている画材との違いや大きいキャンパスに描く楽しさに気づいてもらえたら光栄です...✨

嵐山につながる嵐電や、阪急西院駅と大宮駅のちょうど中間地点なのでアクセスもしやすいですよ♪
ぜひ皆様、京都にお越しの際はお立ち寄りくださいね♨


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

京都精華大学×壬生温泉はなの湯連携プロジェクト

「壬生温泉 はなの湯」コラボ壁画作成≪公開制作≫

日時:2020年3月18日(水)
時間:9:00~17:00
会場:壬生温泉はなの湯(京都市中京区壬生松原町15-3)
※3月18日(水)の公開制作は、メディア関係者のみ立ち入り可となります。一般の方は立ち入りできません。
※制作中の学生へのインタビューはお受けできません。何卒ご了承ください。

詳細はこちら

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
お客様の用途に合わせたSNSアカウントも随時更新中◎

タカラ塗料代表大野
(@takaratoryo_president )
タカラ塗料スタッフaki
(@takaratoryo_staff_aki )
刷毛塗り全塗装お客様事例
(@brush_carpaint )
写真撮影用背景ボード フォトデザインボード
(@photo_design_board )
ワークショップ情報
(@takaratoryo_workshop )
タカラ塗料商品紹介
(@takaratoryo_product )
タカラ塗料第2工場ペイントランス
(@takaratoryo_paintrance )

この記事へのコメント

最近のコメント