125ccのバイクを刷毛塗り塗装!

こんにちは。

今日は金曜日ということもあり、もうすでに脳内は『週末』のスタッフ I です。


今回はスタッフの一人がバイクを塗装したので報告です。



これです。

東野スクーター_2.jpg

スズキが生んだ武器のひとつ。【スズキ アドレスV125G】
小さい車体ゆえに軽く小回りがきき、最高速が出るのに燃費の良さは抜群!

まだまだキレイなスズキのアドレス君。でもやっぱり真っ黒で何となく虫のようなのでこの際明るい色に塗ってしまおう!
(...と、このスクーターの持ち主が思ったかどうかは知りませんが)



今回使ったのはミントブルーとドライリーブス。枯れた葉っぱとミントな青。冬なのか夏なのかよく分かりませんね。

東野スクーター.jpg



マスキングは手間がかかったようです。車に比べて細かいパーツが多い分大変だったと思います。

こんな感じに塗料のついて欲しくない場所はマスキングテープを貼ります。

東野スクーター_4.jpg



金属面はヤスリをかけて金属面以外は非鉄バインダーを下地に塗ってから塗料を塗ります。



途中経過。

東野スクーター_6.jpg




じゃーん、完成がこちら。

途中天気が悪くなったため、2日間にわたって作業をしましたが、合計7時間くらいで完成しました!

東野スクーター_3.jpg


カメレオンが変色するように爽やかなバイクに変身です。

cameleon.jpg


パーツも細かかったため、ローラーはほとんど使わず刷毛のみで塗装したそうです。

使用した塗料の量は2色合わせて200g程度とのこと。余った塗料はタッチアップに使ったり、自転車の塗り替えにも使えます。


この塗装事例とミントブルーの価格表はこちらから見られます。▼


ドライリーブスの価格表は【提案色ミルクティーベージュ】を参考にしてください。▼


その他お客様のバイク塗装事例一覧▼


この記事へのコメント

最近のコメント