自転車の塗り替えで直接ペンキを塗ったらどうなるの?の質問にお答えします

大阪南津守 オシャレなペンキの色が揃うタカラ塗料 スタッフ オオウラです^^


昨日も知人から「自転車の塗り方」について聞かれました!


DSC03290.JPG

DSC03305.JPG


2015年に初自転車塗り替えに挑戦した時の写真です。艶消しの黒で塗り替えました。



2年後の今でもペンキが剥がれることはなく、乗り続けています^^


木製のかごは、転倒した時に壊れてしまったのと、大きすぎるサイズ(スーパーの買い物袋を二つ並べて入る設計)にしてしまったので、駐輪場に入らない・・・^^;という失敗のため、現在はかごは市販のものを使っています。


2年後の今でもペンキが剥がれずに乗り続けていられるのは、3つの理由があります!



① 紙やすりで磨いていたから


② 下地材を塗っていたから


③ 手間と時間を惜しまずに下地処理をしたから


この3つです!




このどれも怠ると、ペンキは早く剥がれてしまいます。



せっかく時間を作って

ホームセンターやペンキ屋で自分の好きな色のペンキを買ってきたのに、すぐに剥がれてしまったら、もう二度と塗らない!!!


と思ってしまいかねませんよね、


そうなると、次のステップに進めません!


次のステップはおしゃれなインテリアのお部屋に出来る楽しいステップですよ!

ペンキが身近なアイテムに感じることが出来て、


★壁紙塗りをしてみよう!


★家電製品をおしゃれに塗ってみよう!!!


とう気持ちにまでならないと思うのです。



それはとっても残念なことですよ!!!


自転車を塗り替えるには下地処理をしっかりしましょう!!!



詳しい塗り方は・・・http://howtopaint.gallery/?pid=98364301


下地「非鉄バインダー」&塗料のセットはこちらから

この記事へのコメント

最近のコメント