低価格でおしゃれにリメイク!多肉を植えるコンクリートブロックをペンキで作る!

【「色」で日本のライフスタイルを価値あるものに塗り替えていく】


タカラ塗料 スタッフブログへようこそ!


DSC03907.JPG


エイジングペイント&家具製作スタッフ オオウラです^^


シリーズでお届けしてきた


「コンクリートじゃないものをコンクリートに塗り替える!

「多肉を変わったものに植えてみたい!」

「多肉をコンクリートブロックに植えてみたい!」


コンクリートブロックは重たいので軽い素材の・・・


しかも


低価格で手に入る発泡スチロールコンクリートブロックを塗り替えて多肉を植える!」






見逃してしまった方は

lesson1の準備編とlesson2の塗り方編を先に読んでみてくださいね^^


DSC03302.JPG


では今日はその応用編!!


★★STEP UP PAINT★★


コンクリート風に塗り替えられた発泡スチロールのコンクリートブロックを

さらにかっこよく、


リアルに、


「え!?ナニコレ?ホンモノ??」


と言われるようなペイントテクニックをお伝えしますね!


こちらの面が、これまでにお話ししたコンクリート風の塗り方で完成した写真です。


DSC03316.JPG


実は、このコンクリートブロックには・・・・


知られざる裏の顔があったのです!!!


DSC03321.JPG


こちらが裏面なのですが、


表面と比べて「色味」が濃いですよね、


実はこれ、タカラ塗料のコンクリートエフェクトシリーズの3色と、

もう一色加えて塗ったのです。


一番初めの本物のコンクリートブロックを見てみましょう。


DSC03293.JPG


「色味」が、結構「濃い」ですよね。


この長年外で汚れたコンクリート感をペンキで汚してみたかったので(エイジングペイントと言います)

この色に近い一色を塗り重ねました。



【その色とは??】


濃いめのグレー


「フレンチグレー」です。


塗り方は簡単♪


コンクリートペンキ3色セットを塗り終えたら、水で薄めたフレンチグレーをまだらに塗るだけです。

塗り方はコンクリートシリーズと全く同じです。


①水で薄めて塗る。

②布で余分な水分を押さえる



★コツ★


下に塗っている色は隠さないように塗る


DSC03310.JPG


【錆ている部分を作る】


ホンモノのコンクリートブロックは缶か何かを置いていたようで、錆びた跡が付いていたんです。

そこで、本物のに近いようにするために、錆エイジングペンキで少し、錆びを足しました。



DSC03311.JPG


DSC03317.JPG


さ、この通り、完成ですよ^^!!

多肉が良く似合っています^^


DSC03907.JPG



これで、重たくない、すぐに持ち運びができるコンクリートブロックの多肉鉢が完成しました^^!!


しかもおしゃれ!


自分で手作りする時間も楽しめる!!


ぜひ、お試しください^^


もしも、塗り方がわからなかったら、お気軽にタカラ塗料へお問い合わせくださいね^^




それでは最後までありがとうございました^^


スタッフ オオウラでした^^


コンクリートエフェクト塗料はこちら
フレンチグレーはこちら
錆エイジングセットはこちら



*OFF SHOT*



お店の前に植えてある春のお花。

すべて社長の趣味のガーデニングです^^


DSC03838.JPG

この記事へのコメント

最近のコメント