<アナリティクス>

2016年11月08日

黒板なのにエイジングペイント?!でもカッコいいデザインです

ワーキングスペースクリエイターオオウラです^^

前回の記事いかがでしたか??

タカラ塗料のチョークボードペイントを使って、
「黒板なのにエイジングペイント??」


DSC09666.JPG


今日はこのペイント方法についてまとめていきますね。

◆用意するもの◆

・ベニヤ板など黒板にしたいボード
・手袋
・霧吹き
・ウエスなどの捨ててもいい布
・刷毛
・スポンジ

◆用意する塗料◆

・タカラ塗料オリジナルチョークボードペイント
・セメントテクスチャグレイ
・タカラ塗料オリジナル色ウルフグレイ
・ブラックスケールメタリック

以上で私は作っていきました。

@ ベニヤ板に「セメントテクスチャグレイ」という塗るとザラザラとした質感が出せるペンキを下地として塗ります。

DSC09061.JPG

DSC09062.JPG

A 「セメントテクスチャグレイ」が乾いたら、好みのチョークボードペイントを塗ります

今回は「ダークブルーベリー」を塗りました。
DSC09063.JPG

DSC09064.JPG

表面がザラザラしているのがわかりますか??
これが、インダストリアルなカッコよさが生まれるポイントなんです。

真ん中の文字を書く部分には、「セメントテクスチャグレイ」は塗らないようにしましょう!


B ここからがエイジングペイントの始まりです。

「ウルフグレイ」の準備です。

なぜウルフグレイを選んだのかと言いますと、白よりも、暗めのトーンでぼかしたかったからです。
ウルフグレイは薄いグレイなので、最適なのです!
ウルフグレイをスポンジに少量取り、水で薄めながら、ざらざらしている部分に塗っていきます。

DSC09164.JPG

DSC09166.JPG

縁の部分にも。
DSC09167.JPG
DSC09165.JPG

濃くつきすぎたら、霧吹きしながら、いい具合にウルフグレイを伸ばしていきます。
DSC09168.JPG

C エイジングの仕上げに深いくすみをさらにプラス、ブラックスケールメタリック
も薄めながらボードの周囲にスポンジで叩くように塗っていきます。

DSC09169.JPG

そして、チョークで文字を書き、、一度消すと、チョークの粉がザラザラ面に残り、かっこよくエイジングペイントの出来上がりです!

DSC09466.JPG

ブラックスケールメタリックを塗っている部分はこの写真を見るとよくわかると思います^^




howtopaintバナー.png

posted by takaratoryo-staff at 16:56 | Comment(0) | 黒板塗料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

タカラ塗料STAFF BLOG

ファン
最近のコメント
真鍮カラーのペンキをエイジング by タカラ塗料おおの (06/14)
蚊取り線香リメイク その4 by おおの (04/04)
蚊取り線香リメイク その4 by ちゃこ (04/03)
蚊取り線香リメイク その4 by おおの (04/03)
蚊取り線香リメイク その4 by ちゃこ (04/01)